マクドナルド(McDonald’s)が商標管理に アナクアの商標管理ソフトウエアを採用

2018年3月13日 ボストン、東京

知的財産管理、分析、特許サービスにおいて世界をリードするアナクア社 (Anaqua, Inc.) は、マクドナルド(McDonalds’ Corporation) とANAQUAプラットフォームの複数年契約を締結したことを発表しました。
この契約により、マクドナルドは商標出願、商標運用や侵害訴訟などをANAQUAを使用して管理していく事となります。

マクドナルドの知財ポートフォリオに含まれる出願商標や商標登録は、現在有効なものだけでも1万件を超えます。
ANAQUAを使用して世界各国拠点にまたがる商標に関連する問題を追跡し、商標のポートフォリオに対して継続的なモニタリングや密な管理を行うことで、同社のグローバル商標ポートフォリオの保護・運営が強化されます。

ANAQUAの意義申立、解約、失効、侵害、強制措置などに対する優れた管理機能を使用することで、マクドナルドは法務関連業務が補強され、知財法務部門、社内ビジネスユニット、外部法律事務所・特許事務所をはじめとする関係者間のコラボレーションの強化を行うことも可能になります。

アナクア社最高経営責任者のボブ・ロメオは、次のように述べています。
「世界中で最も有名な企業の一つであるマクドナルドに、非常にブランド価値の高い商標資産の管理そして保護のサポートを提供できるのは大変光栄な事です。私たちはアナクアの業界最先端ソリューションを通してマクドナルドの商標業務・運用に完全なるサポートを提供していきます。」

McDONALD’Sについて

マクドナルド(McDonalds’ Corporation)は世界100カ国以上に約3万7,000もの店舗を展開する世界トップクラスのグローバル食品小売業者です。加盟店の9割以上が、各国現地の個人経営者によって運営されています。

About Anaqua

企業や法律事務所が成功するためには、知財に競争的優位性を持たせる必要のある時代となっています。アナクアはそのプロセスやデータ、資産、およびサービスの管理を支援しています。当社のソフトウェアプラットフォーム「ANAQUA」を利用することで、重要なツールや最適なワークフロー、そしてデータや文書、サービスを効率的かつインテリジェントな一つの環境に統合することができます。これにより、効率性が向上し、迅速な意思決定を下すことが可能となります。世界150ヵ国以上で100万人を越す知財プロフェッショナルがANAQUAを利用して、10億ドル以上に上る知的資産を管理しています。世界の一流ブランドや革新的な製品の多くが、ANAQUAプラットフォームにより、概念化され、評価され、保護され、そして収益化されています。アナクアは米国ボストンに本社を置く非公開企業で、英国のロンドンとフランスのポーに主要事務所を開設している他、北米、アジア、ヨーロッパの他の都市にも拠点を構えています。アナクアのサービス&クライアントサービスのスタッフが備える専門知識と実証済みの導入手法により、当社は常に予定通りの予算と期限で、お客様に成功をもたらすソリューションを提供しています。

詳細については、www.anaqua.com/jaをご覧ください。

Press Contact

Amanda Hollis
Anaqua
Achim von Michel
WORDUP PR
Kyoko Tsurumi (鶴見恭子)
Anaqua