お客様の声

当社はこれまで複数の知財システムと管理手順を利用していましたが、この状況から移行することに成功しました。現在、アナクアシステムによって、全社の知財管理業務に共通の最優良事例を導入することが可能となりました。

ブルーノ・ラバダンズ・ダルク(Bruno Labadens d'Arc)氏
知財管理部主任, Areva

サプライヤ候補を徹底的に検討した後、アナクアの機能が当社の現在および未来のニーズを満たしてくれるかどうかについてさらに詳細な評価を行いました。私たちは、アナクアの製品およびその人材の両方にとても感銘を受け、長期間のパートナーシップを期待しています。

ウド・メイヤー博士(Dr.Udo Meyer)
グローバル知財担当上級副社長, BASF Corporation

アナクアの重要なメリットは、既に確立されたユーザーグループです。ユーザーグループ会議で、トップクラスの知財保有者とシステムについて情報交換したり、各社が知財権管理に採用しているプロセスや手順に関する情報を得たりすることは、トップ企業とのベンチマーキングを行っているのと同じです。

トゥ・スー・アウン(Toe Su Aung)氏
知財管理部主任, British American Tobacco

特許およびポートフォリオ管理に関するデータをアナクアに統合したことにより、リアルタイムなポートフォリオ情報による可視性の向上、ポートフォリオ審査の効率化、およびより正確な予測機能が実現し、業務の効率が格段に上がりました。

バーニー・グレイブス(Bernie Graves)氏
最高特許顧問, Eastman Chemical Company

アナクアほど優れたデータ管理システムを今まで使用したことがありません。適用業務は広範に渡り、単に案件管理だけではありません。

メラニー・マードック(Melanie Murdock)氏
シニア・パラリーガル兼管理責任者, Garlick & Markison, LLP

「当社は、優れた顧客サービスのための競争力及び長年にわたる評判を維持する上で必要なツールを提供する知財実務管理技術をうまく活用しながら、高い品質と効率性を両立させることに取り組んでいます。多くの知財案件管理や業務管理ソリューションを徹底的に調査した結果、アナクアのプラットフォームこそが、この目標を達成し、変化し続けるお客様のニーズに応えるための、あるべき技術であるということが明らかになりました。」

ドナルド・リー(Donald Lee)氏
副顧問兼企業サービス担当役員, Greenberg Traurig, LLP

技術革新と知財はホンダにとって最重要優先事項です。技術革新のリーダーシップの次段階へ進むにつれ、当社のビジョンをサポートするプラットフォームを構築することが非常に重要となります。他の選択肢も徹底的に検討した結果、当社の世界的な規模の知財活動に最も適した協動的ソリューションを提供するアナクアを選んで本当に良かったと思います。

別所弘和氏
知的財産部長, Honda Motor Company, Ltd.

当社の既存の社内知財システムでは、増え続ける当社の特許ポートフォリオを支えきれないということが分かっていました。アナクアという、当社が求める自動化や、当社ポートフォリオの能動的な管理および管理レポート作成をサポートするツールを提供する商用アプリケーションを発見できたことに大変満足しています。

ファン・ジーヨン(Fan Zhiyong)氏
IPR部長代理, Huawei Technologies Co., Ltd.

私たちは、より簡単に当社のポートフォリオにアクセスして分析を行うことが可能で、同時に、当社の法律事務所との密接なコラボレーションをサポートするシステムを必要としていました。市場に出回っている様々なツールを検討しましたが、当社のグローバルな商標関連業務に関わる幅広いコミュニティとのコラボレーションを図れるアナクアの機能にとても驚かされました。当社のポートフォリオは非常に大規模ですが、システムの導入は非常にスムーズでした。

スティーブン・リード(Stephen Reid)氏
上級知財顧問, Imperial Tobacco Group PLC

技術革新の加速化・拡大が軌道に乗っていた当社では、InterDigitalの特許ポートフォリオをより効率的に管理できる統合型のシステムを探していました。当社では、市場に出回っている様々な選択肢を審査し、結果としてアナクアを選びました。新しいシステムでは、技術革新と特許のワークフローが統合され、各技術革新にライフサイクルレコードが付与されました。これにより、ポートフォリオを希望の数の分類別にカテゴリ分けし、関連する費用を監視できるようになりました。

ローレンス・F・シェイ(Lawrence F. Shay)氏
特許ライセンス担当社長, InterDigital, Inc.

当社では、新しく導入したシステムが柔軟性に欠け、使いづらいことで、発明者たちから不満が出ていました。この他にも理由があり、当社は再度アナクアを導入しました。現在は非常に満足しています。アナクアの導入プロセスの早さにも驚かされました。当社チームの規模はそれほど大きくないため、システム導入に大きなリソースを割くことはできませんでした。しかし、アナクアは、データ移行とトレーニングを含むプロジェクト全体を6週間で完了してくれたのです。

マット・ホームズ(Matt Holmes)氏
最高特許顧問, Jaguar Land Rover, Ltd.

私たちは未来志向の法律事務所で、先行的な技術を持つクライアントに付加価値を提供する新たな方法を常に求めています。アナクアはそんな私たちに最適でした。新たなオンラインサービスをクライアントに提供し、他の事業者とウェブベースでコラボレーションを行うことにより、特別な価値を提供できるようになりました。

エリック・マッショフ(Eric Maschoff)氏
弁理士, Maschoff Brennan Laycock Gilmore Israelsen & Wright, PLLC

当社では、既存の自社システムから次世代の特許管理ソフトウェアへの移行を望んでいました。徹底的な評価を行った結果、当社はアナクアIAMソリューションを選択しました。これは、当社のグローバルな特許部門で働くスペシャリストたちにユーザーフレンドリーで効率的な職場を提供するという当初からの目標を満たす優れた能力がアナクアに備わっていたためです。

ラース・ケルベルグ(Lars Kellberg)氏
コーポレート特許担当副社長, Novo Nordisk A/S

当社は、オーストリア、フランス、ドイツ、オランダ、ベルギー、イギリス、インド、シンガポール、および中国に開発拠点を構え、2万5,000件の特許からなるポートフォリオを管理しているため、このチャレンジは巨大でした。これほど成功したITシステム構築プロジェクトを私は見たことがありません。NXPやアナクアを始めとするチーム全体に賞賛を贈りたいと思います。

ハンス・ペニングス(Hans Pennings)氏
元知財およびライセンス担当上級副社長, NXP Semiconductors N.V.

私にとって全く新しい世界が開け、本当に感謝しています。アナクアは、それまで私がずっとほしいと思っていた、すべての知財ポートフォリオを包括的に一元管理できるシステムです。

シェリー・ホートン(Sherry Horton)氏
知財管理者, Oil States International, Inc.

アナクアIAMプロジェクトをリードしたことは、知財の世界へのエキサイティングな進出であり、当社の事業部門のR&Dスペシャリストたちと関係を持ち、技術革新が共通のプロセスに流れ込む情報ラインに役立つ貴重な機会を創り出うことになりました。

ブレンダン・ハーニー(Brendan Harney)氏
法務部門技術&運用責任者, Saint-Gobain

当社は、世界トップクラスの機能性と柔軟性を備え、当社のグローバルチームにとって使いやすい総合的なIAMシステムを探していました。様々なソリューションを徹底的に検討し、その結果、アナクア・エンタープライズIAMソリューションを選定しました。

ティム・クリーン(Tim Crean)氏
上級副社長兼最高知財責任者, SAP AG

新たなメディア形式やチャネル、および市場を越えて評価し、レポートする能力の向上を図るので、技術革新の拡大の推進および管理はNielsenにとって戦略的推進力です。広範に渡って調査した結果、知財業務の全過程をサポートする業界最高の知財管理プラットフォームソリューションはアナクアであるという結論に達しました。

ジーン・ポットケイ(Gene Potkay)氏
知財担当上級副社長, The Nielsen Company

当社では、特許の中間処理手続を自社化することで、コスト削減と品質向上を実現することを目指していました。また、ホスト型のソリューションも考慮に入れていました。複数の選択肢を検討しアナクアを選択し、アナクアのシームレスで簡単な導入プロセスに、当社のチームはとても驚かされました。

クリス・ホラーチェク(Chris Horacek)氏
アソシエイト顧問, Welch Allyn, Inc.

当社は技術革新に焦点を当てており、増大する発明と特許出願を当社の知財チームが効率的に処理できるシステムが必要でした。幅広く検討を行った結果、当社はアナクア・エクスプレスを選択しました。アナクアの合理的かつ経験に基づいた最適なシステム導入プロセスも、この決定の重要な要素となりました。

トルステン・ケトナー博士(Dr.Thorsten Kettnre)
システムインテリジェンスグループ担当役員兼知財管理部主任, Wilo SE

アナクアは、新しいレベルのコラボレーションと生産性を有する次世代型の知財管理をもたらしてくれています。

マーク・コステロ(Mark Costello)氏
副社長、特許顧問兼最高戦略顧問, Xerox Corporation