Skip to content

Diebold Nixdorf社、知的財産管理ソリューションを ANAQUAプラットフォームにアップグレード

ヨーロッパにおけるAnaquaの拡大路線を強調する世界屈指のグローバル企業との合意

2018年1月26日 ボストン、東京  知的財産 (IP) 管理において世界をリードする米アナクア社(Anaqua, Inc.) は、Diebold Nixdorf社の米国およびドイツでのグローバルIPポートフォリオ管理業務にANAQUAプラットフォームが採用されたことを発表しました。

金融業界向けのセルフサービス、ソフトウェアおよび各種サービスを提供し、銀行ATM 業界のグローバルリーダーであるDiebold Nixdorf社は、5,000件を超える有効特許・商標の管理に2つの異なるIP管理システムを利用していましたが、特許、商標、意匠、発明などあらゆるIP資産のポートフォリオ管理に、Anaquaのソフトウェアとサービスを導入することになりました。

Diebold Nixdorf社副社長兼役員弁護士のエドワード・クルックス氏は「世界中で急成長を続ける当社は、分析機能とダッシュボードを備えた先進的技術のIPシステムを探していました。 Anaquaの包括的なIP管理ソリューション、そしてそのシステム統合されたサービス、自動化されたワークフロー、社外弁理士・弁護士業務の統合機能に非常に感銘を受けました。」と述べています。

2016年8月、Diebold, Incorporated社とWincor Nixdorf社の合併によって誕生したDiebold Nixdorf社は、 世界130か国以上にまたがり約2万5千人の従業員を擁するグローバル企業です。 米国オハイオ州ノースカントンとドイツのパーダーボルンに企業活動の拠点を置いています。

アナクア社最高経営責任者のボブ・ロメオは、「ATM機器とキャッシュシステムにおける世界最大のメーカーに採用されたことは非常に光栄な事です。弊社のドイツと米国チームは、Diebold Nixdorf社がこれからもイノベーションを加速させ、そのグローバルIP資産をより効果的に管理するサポートを提供できることを楽しみにしています。」と語っています。

アナクアについて

アナクアは発明・知財管理において業界トップクラスのエンドツーエンドソリューションを提供しています。米国の特許申請数上位25社の50%、グローバルブランド上位25社の50%に採用をされている他、多くの優良有名企業や先進的な特許法律事務所でも利用されています。本社を米国ボストンに構え、ヨーロッパそしてアジアに拠点を有するアナクアの知財プラットフォームは、知財管理関係者や弁護士・弁理士、パラリーガル、司法書士や発明者という約100万名のユーザーに世界中で使用されています。ソリューションにはベストプラクティスの業務フローやビッグデータ分析機能、情報に基づいた知財戦略や判断を可能にするビジネス・インテリジェンス、知財業務を効率化する機能などが統合されています。知財のエンタープライス・ソフトウエアに求められるニーズに応えるべくフォード・モーターそしてブリティッシュ・アメリカン・タバコの知財リーダーにより開発されたソフトウエアを商業化するため、アナクアは2004年に創業しました。1994年創業のSGA2買収統合を機に、特許年金そして商標更新支払いサービスのコア知財管理ソフトウエア機能を強化しています。2015年以降、アナクアはideaPoint、AcclaimIP、Lecorpioといった企業との買収統合を行いながらソリューション・テクノロジーやデータ強化を推進し、企業としてのグローバル成長戦略を遂げています。

会社詳細につきましては、ウェブサイトをご覧ください。