Skip to content

ideaPointがWideTrialと提携、新型コロナウイルス治療薬向け拡大アクセスプログラム (EAPs) のグローバルプラットフォームを提供

医療関連ソリューションプロバイダと拡大アクセスプログラムスポンサーが提携し、新型コロナウイルス治療薬研究へのアクセスを広げるオンラインハブを構築

2020年3月31日 Boston イノベーション管理ソリューションの業界リーダーであるアナクアの ideaPoint は、臨床データを扱うWideTrialと戦略的パートナーシップを締結し、世界中で新型コロナウイルスに対応している医師や患者のための治療薬に関するデータへのアクセスを拡大させることを発表しました。

この提携プロジェクトの目的は、新型コロナウイルスの治療薬の開発を行う研究者や企業に向け一元化されたデータハブを構築し提供する事で、拡大アクセスプログラム (EAPs) 適用のもと多くの患者へ治療薬が提供されることです。拡大アクセスプログラム (EAPs) は、臨床に加われない医師や患者の治療を目的とした、市場導入前の治療薬使用の特別に承認された臨床試験となります。新しいプラットフォームは、医療供給者(非既存治験施設、地域病院や医療機関)が拡大アクセスプログラムを適用するためにオンラインで申し込みができるよう設計されています。

拡大アクセスのプラットフォームをサポートしているのがライフサイエンスやヘルスケア用のオンライン管理ソフトウエア、ideaPointとなります。ideaPointはこれまで、大中規模の製薬企業へグローバル拡大アクセスプログラムを通して、免疫性炎や感染症、腫瘍、HIV/エイズ、呼吸器疾患、ワクチン、希少疾患などを対象とした治療薬分野で、治験データや医師のコラボレーションツールを提供しています。

「グローバル拡大アクセスプログラムを包括的に管理・追跡できるソフトウエアの専門知識と、WideTrialの臨床オペレーションそして規制に関する専門知識により、新型コロナウイルスの治療薬となる可能性のある治験薬を扱う企業をサポートし、可能な限り迅速に世界中に広がる患者へ治療薬が行き渡る事を願っています」と、ideaPointの最高責任者であるスコット・ショーネシー (Scott Shaunessy) は述べています。「さまざまな力を合わせて、拡大アクセスプログラムの迅速な実行のために一元のリソースを構築しました。」

アナクア社最高経営責任者のボブ・ロメオは、「グローバルにビジネスを展開する企業として、アナクアは世界中に広がるパンデミックの影響を和らげる可能性のあるイニシアチブの重要性を深く理解すると共に、サポートを提供することにコミットしています。人々の健康を第一に考え、拡大アクセスプログラムのソリューションを通して、新型コロナウイルスへの早急な対処をおこなうための協力を世界中の製薬・医療クライアントに提供したいと考えています。」と述べています。

WideTrialは、大規模コホート拡大アクセスプログラムをスポンサーするために特別に作られた、臨床治験に特化した組織です。WideTrialのイノベーションには、臨床医の業務フローを最適化するためのCDASH/CDISCに準拠したデータ収集ツール、ユニット化された患者ごとコストリカバリ構造などが含まれ、組織内には拡大アクセスプログラム規制スペシャリストや臨床オペレーションチームを有しています。

拡大アクセスプログラムを効果的に実行するための重要性について、WideTrialのCEOであるJess Rabournは次のように述べています。「既存の臨床治験ビジネスモデルを拡大アクセスに適用する事は大きな間違いで、ヘルスケアのデリバリシステムや製薬会社そして患者をフラストレーションにさらしていました。臨床試験を通して新しい治療薬にアクセスの出来ない多くの患者や医師のために、拡大アクセスが本来意図された形で行われるよう、ランドスケープを再編成しWideTrialを構築しました。」

ideaPoint について

ideaPointは、 Anaqua のソリューションプロダクトです。発明やパートナーシップの機会を特定したりそれらを付勢することで、新製品や新しいサービスそしてビジネスモデルの創出を促進し、ビジネスの成長をサポートするソフトウエアソリューションを提供しています。2008年創立以来、ideaPointは科学サイエンス分野のグローバル企業の発明に変革をもたらし、戦略的成長プログラムを確固たるものとするソリューションを提供してきました。

ソリューション詳細は、ウェブサイトをご覧ください。Anaqua.com/products/ideapoint.

WideTrial について

WideTrialはデータ生成コホート拡大アクセスプログラム (EAP)のスペシャリストであり第三者スポンサーとして活動する、シリコンバレーに拠点を置く臨床・治験医療データ企業です。WideTrialの詳細は、ウェブサイトをご覧ください。Widetrial.com.

アナクアについて

アナクアは発明・知財管理において業界トップクラスのエンドツーエンドソリューションを提供しています。米国の特許申請数上位25社の50%、グローバルブランド上位25社の50%に採用をされている他、多くの優良有名企業や先進的な特許法律事務所でも利用されています。本社を米国ボストンに構え、ヨーロッパそしてアジアに拠点を有するアナクアの知財プラットフォームは、知財管理関係者や弁護士・弁理士、パラリーガル、司法書士や発明者という約100万名のユーザーに世界中で使用されています。ソリューションにはベストプラクティスの業務フローやビッグデータ分析機能、情報に基づいた知財戦略や判断を可能にするビジネス・インテリジェンス、知財業務を効率化する機能などが統合されています。知財のエンタープライス・ソフトウエアに求められるニーズに応えるべくフォード・モーターそしてブリティッシュ・アメリカン・タバコの知財リーダーにより開発されたソフトウエアを商業化するため、アナクアは2004年に創業しました。1994年創業のSGA2買収統合を機に、特許年金そして商標更新支払いサービスのコア知財管理ソフトウエア機能を強化しています。2015年以降、アナクアはideaPoint、AcclaimIP、Lecorpioといった企業との買収統合を行いながらソリューション・テクノロジーやデータ強化を推進し、企業としてのグローバル成長戦略を遂げています。

会社詳細につきましては、ウェブサイトをご覧ください。

 

Press Contact

Amanda Hollis
Anaqua
Achim von Michel
WORDUP PR
Kyoko Tsurumi (鶴見恭子)
Anaqua