ANAQUA 総合管理プラットフォーム: ファンデーション

ANAQUAはカスタム構成可能な業務フローエンジンと国別ルールを使い、知財部門特有の要件に対応できるよう開発されています。
システム自動タスク割当、通知、アラートなどのツール・コラボレーションに加え、Microsoft OutlookやIMAP Eメールシステム、Wordとの連携が可能な文書統合管理など、幅広い機能コラボレーションを構築できます。
標準的なコア機能のほかに、オプションのアドバンス機能も提供しています。

レポート

外部事務所や弁理士、企業経営陣はANAQUAのレポート機能を通して提供される可視性により、知財ポートフォリオをビジネスと関連付けて明確に把握することが可能になります。
また、リソース配分やレポート内容の構造を深く理解する事が可能になり、多様な質問やリクエストにも容易に対応可能となります。

  • ダイナミックでインタラクティブなダッシュボードを持つWebベースの分析ツール
  • 案件管理やポートフォリオに関するレポートをポータルで提供
  • 出力を細かに管理できるクエリを使用した検索ツール
  • 絞り込みや表示をカスタマイズできる案件管理カレンダー表示

業務フロー

クライアントコミュニティから共有されるベスト・プラクティス-優良事例-を業務フローに取り入れることが可能です。
アドバンス業務フロー(オプション)により、ニーズに合わせた業務フロー・ルールとコラボレーション機能との独自構成を構築する事も可能です。

  • 中間処理の全段階とアクションタイプに応じた中間処理テンプレート
  • 内部担当チーム / 外部事務所 / クライアント別の業務フローと関連書面・通信文書管理
  • ニーズに合わせた構成が可能なルールにもとづく連絡先や組織の自動割当
  • 最適に合理化された調査や審査の業務フロー
Workflow

ルールエンジン

ANAQUAのルールエンジンは、満了日計算、タスクの作成 / 終了、フィールド値設定などの条件設定が完了すると、アクションを実行します。
条件をもとに実行されるアクションルールにより生産性向上、サイクルタイムの短縮、リスク軽減をサポートしています。

  • 国別、案件タイプ別の法定期限を含む各国のルール条件
  • 新規 / 改定を含む四半期ごとのルール更新
  • 記録保存の前に入力データの正確性を確認するロー・エンジン・レポート
Law Engine

文書管理

"システム統合されたDMS(Document Management System)が文書やEメールを生成、管理、保存します。
システムから送信されるEメールは、クライアントごとに設定された受信者、件名、文章で送信されます。
文書の整理、絞り込みやカスタム表示も可能で、すべての文書を全文検索することができます。"

  • 文書テンプレートそしてマージコードを活用した堅牢な管理手法
  • 直感的に扱える一覧を使った文書管理(トリプルビューを含む)
  • 安全な文書取扱いのための機能(チェックイン / チェックアウト、バージョン管理、フリーズ機能)
  • 自動または手動で開始できる文書審査
  • Microsoft Wordアドインがボリュームの大きい文書の迅速処理を合理化、ファイルのローカル保存に関する問題を軽減

セキュリティ

ANAQUAが提供するセキュリティ性の高いホスト型インフラストラクチャは、ユーザの役割に応じた認証により安全で信頼性の高いアクセスを提供するので、追加のパスワードを覚える必要がありません。
セキュリティリスクを回避しながら業務をより迅速に進めることが可能になります。

  • 安全なインフラ環境とサービス提供を支援する、ISO 27001認証済み情報セキュリティマネジメントシステム
  • 人事システムと統合されたSSOやロールベースアクセス制御セキュリティにより、個人手入力によるログインを省略
    職務変更や退職者の対処にも的確に対応
  • AES 256による保存データ暗号化
  • 専用SFTPサイトによりネットワークホスト間の安全なファイル送信が可能/li>
  • レコードレベルセキュリティ(オプション)はユーザーアカウントの役割に応じた認証を通してレコードレベルの安全なアクセスを提供
  • 複数の拠点を持つIBM CloudによるSSAE 16 TypeII 認定ホスティングサービス
  • 安全性をさらに高めるリモートバックアップ、災害時リカバリオプションおよび事業継続プラン(オプション)