ANAQUA総合管理プラットフォーム: 中間処理

中間処理はドケッティング(案件管理)に加え、知的財産ライフサイクル全体を通して案件が効率的かつ自動的に進行するサポートを提供します。
中間処理が提供するサポート:文書/技術/通信の保存、重要な日付/進捗状況と外部データの照合-これらのサポートを通して、企業の知財関連業務の効率と安全性を高めます。

データ取り込み & データ検証

"イノベーションへの障壁を低減する目的でデータの整合を図る場合、または新たに入手した特許資産を管理システムに導入する場合でも、知財業務においてデータ取り込みプロセスの強化は重要な課題です。
発明や知財の管理を成功させるためには、データの正確性が不可欠です。アナクアではデータ取り込み・データ検証を通してお客様のビジネス成長をサポートしています:

  • 発明提案を容易にするANAQUAポータル
  • 発明と知財を整合、優れた意思決定をサポート
    (審査待ち-審査-評価プロセスの整備)
  • 案件の取り込み処理を促進する各種ツール
    (発明案件作成、案件インポート、アップロード)
  • 見やすく使いやすいモバイル対応システム
  • 記録とポートフォリオの各レベルで特許/商標のデータ検証を実行、正確な知財データを提供
Intake and Data Integrity

申請書面ドラフト作成 & 精査

ANAQUAのドラフト作成ツールは、特許申請書類の作成にかかる時間の半減を促進する事で、担当部門が技術に関する審議対応や法律上の異議申し立ての準備に集中できる環境創出をサポートします。
また、中間処理にかかるコストと特許付与までの時間ロスを低減し、知財の保護と活用の可能性を高めます。

  • 見落としがちな先行基礎、参照図表、権利請求サポート、請求番号、用語の一貫性などの確認
  • Microsoft Wordのコメント機能を使用した瑕疵表示
    問題の早期解決とコミュニケーションの最適化を促進
  • 特許ドラフトの適格性、新規性、明瞭性を分析
    特許権利の行使力を改善
  • 技術単位、許可、係属、拒絶理由通知等をもとに対応戦略策定をサポート
  • 審査の協業プロセスを合理化、ボリュームの大きい作業を効率的に処理

ドケッティング(案件管理)、PTO統合、電子出願手続き

ドケッティングは、知財ライフサイクル全体を通して案件管理の自動化を促進します。
特許商標庁情報のソリューション統合や出願手続きの電子化により、拒絶理由通知の検索や出願手続きの合理化が可能になります。
アナクアは大手企業クライアントからのフィードバックを基に、世界の特許商標庁のオンラインツールの進化にも合わせながら、知財に関連するリスク低減とサイクルタイム短縮をサポートしています。

  • Private PAIRから米国特許商標庁の拒絶理由通知(オフィスアクション)をダウンロード、案件管理および処理を自動的に実行
  • 案件管理と中間処理のレポートはカスタマイズが可能
    ユーザーが業務を行いやすい環境を作ることで業務効率化をサポート
  • リソースの活用度を指標化(KPI)することで潜在的なボトルネックを予見、業務プロセスの継続的な改善促進をサポート
  • 世界中の特許商標庁(EPO、CIPO、JPO、SIPO、USPTOなど)情報をXML/PDFファイルに変換。OCRエラー低減に貢献
  • 出願用のXML/EFS-ウェブPDFフォームを一括生成
    プロセスの合理化を図り、オンラインフォームへのデータ再入力やコピー/貼り付けの時間と手間を削減

拒絶理由通知(オフィスアクション)対応

現在使用している管理システムから別のシステムへ変更をする事は単純な移行作業に留まらず、知財部門にとても負荷のかかる作業となります。 知財管理の成功を左右する、成功の鍵をにぎる作業とも言えます。

  • データ、ドキュメント、期限日の一元管理により確認漏れ防止s
  • 自動ドケッティングや自動ドキュメント処理によりヒューマンエラーを削減、効率性向上と業務ミス防止をサポート
  • リソース工数指標(KPI)のモニタリング、ボトルネックの特定、時間のない経営層も素早くアクセスの出来る可視化力の高い中間処理ダッシュボード

先行技術 & IDS(情報開示陳述書)作成

IDS(情報開示陳述書)の生成およびRelated Art Library (関連技術ライブラリ)を活用することに、中間処理の際に先行技術を効率的に管理、評価、引用することが可能です。
通常は時間と手間のかかるタスクを業務改善できると同時に高い代償を伴うエラーの回避をサポートします。

  • 検索、一括処理、関連技術と問題のリンク付けにより業務タスクにかかる時間を短縮/li>
  • 技術の一括インポート処理、重複排除、複数の特許の引用状況を王立的に追跡
  • Visual Citation Matrix(ビジュアル・サイテーション・メトリクス)により、電子ファイリングシステム対応IDS作成の簡素化が可能/li>
  • Related Art Library(関連技術ライブラリ)を使い技術と案件を結び付け、技術の初回引用日と引用者を記録