アナクア・サービス:知財判断サポートサービス

知的財産はビジネスに重点をおいたものである必要があります。アナクアの戦略的サービスは、企業の短期的または長期的な目標にそって、業務とプセスを整合するサポートを提供します。アナクアの知財判断サポートは、高いクオリティのコスト効率の良い成果物を提供しています。

特許収益マッピング

製品に利益をもたらす知的財産を正確に管理することは、企業が知財から最大限の投資対効果を得るために重要です。アナクアは特許収益マッピングサービスを通して知財と企業収益をダイレクトに結びつけるためのサポートを提供します。

  • 知財分野におけるアナクアの専門知識を、業界最高クラスのソフトウェアアプリケーションおよび特許分析とともに活用することが可能
  • 知財および財務データを活用して専門チームが分析を実行
  • IPMS(特許管理システム)で結果を総合的に直接管理することが可能
Patent to Revenue Mapping

使用証拠分析

使用証拠(EOU)は、製品に対する特許請求項の重複に関する判断を行うサポートを提供します。使用証拠は、特許と製品の請求を文章と図面から比較し、重複度を容易にそして客観的に判断するサポートを提供します。

  • 潜在的侵害: 特許資産が侵害されている可能性がある場合や特許資産の売却手続き中である場合など、使用証拠調査は重複する製品を特定、評価するサポートを提供します
  • ライセンシング:ライセンス取得およびライセンス供与を行うべき特許の特定に加え、ライセンスされる特許と該当する製品群の請求項間の重複の評価を行い、ライセンシング交渉を効果的なものにするサポートを提供します
  • 訴訟の可能性:訴訟の可能性:他者の特許を侵害している可能性のある製品の特定やパテント・トロールを防ぐサポートを提供します
  • 特許価値の測定:製品のキャッシュフローを利用して、特許の純現在価値の確認が可能
  • テクノロジー:多くのテクノロジーは、共通のサブシステムや手法を使用しています。特許と製品の文献調査により適切な対象企業を特定するサポートを提供します
Evidence of Use Analysis Services

ポートフォリオ分析と特許の選定

何百または何千もの特許を管理するには、体系立てられた選定手法そしてそれらを効果的に更新するシステムが必要になります。アナクアの特許選定サービスは、独自の評価プロセスの活用により選定を行うのに必要な特許の順位付けを行う事で、さらなる詳細な分析が必要な資産を特定するサポートを提供します。知的財産ポートフォリオを戦略的に選定することで、更新のコストを削減し新たなイノベーションを生み出すコストリソースを作り出す事が可能になります。

  • Forward Rejections™を含む洗練されたアルゴリズムとAcclaimIPの特許スコアを使用し、更新が必要な特許をランク付けする事が可能
  • 精査をサポートする事を目的とした更新推奨事項の報告を提供します。この報告には推奨に対する根拠などが含まれています
  • IPMS (特許管理システム) 上で報告を総合的に管理することで、それぞれの特許とその強み、そして戦略の面から見た価値を詳細に精査するサポートを提供します
  • データに基づいた特許ポートフォリオ選定のサポートを提供します
Portfolio Analysis and Patent Pruning

Forward Examiner Rejections™(審査官拒絶情報)

Forward Examiner Rejectionは、権利化済みの技術を特許化しようとしている他社を特定するサポートを提供する調査ツールです。あらゆる出願拒否、拒絶タイプ、および米国特許商標庁が拒絶した特許出願を特定することを可能にしたツールは、知財ポートフォリオに対して新しいレベルの知見を得るサポートを提供します。サービスには、他社申請がブロックされた理由となる知財を特定するツールも含まれています。

  • 訴訟の可能性を見極める潜在的な特許侵害の識別を可能にするサポート
  • ライセンシングの機会選定をサポート
  • 価値を失った特許に対する売却機会の選定をサポート
  • 競合他社ランドスケープと新規市場参入社・技術の特定をサポート
  • M&A(買収統合)対象の特定をサポート
  • 先行性による請求機会を特定し、幅広い特許権利化の請求項を構築
Forward Examiner Rejections