アナクア・サービス:取引業務支援サービス

1度限りのプロジェクトまたは断続的な業務に対してでも、アナクアのベストプラクティスや独自のプロセス、デリバリ手法を通して、様々なニーズに合わせた取引業務サービスを提供しています。

データ検証

正確なデータは知財運営の要です。 アナクアは、効率性を考慮しながらベストプラクティスに沿ったアプローチで知財部門がシステム内でデータ監査を行うことを可能にします。これにより組織の時間とコストの節約、知財権利のより優れた保護の遂行が可能になります。アナクアは自動化された作業と人的な作業を組み合わせたアプローチでエラーを特定して訂正するアプローチをとっています。

  • 包袋データ(ターミナルディスクレーマーおよび正確な関連データ)使い独自アルゴリズムを介して米国の特許有効期限を計算
  • 特許データをあらゆる法域から検証および分析
  • ANAQUAシステムまたはLecorpioシステムを通して更新された新しいデータを直接受領
  • ファミリーのタグ付けによりポートフォリオ全体への影響の確認が可能
  • サプライヤーの一本化により時間節約とリスクの低減
 

権利者の名義変更

特許や商標に求められる名義変更の管理には時間と労力が必要とされ、名義変更手続きのタイミングを逃したり、手続きが完了できないケースも発生します。アナクアの名義変更サービスは、クライアントの特許と商標の名義変更をタイムリーに確実に実行します。

  • グローバル代理人ネットワークの活用が可能
  • 知財ポートフォリオを構造化された手法で更新、事務作業の負担を低減
  • エンドツーエンドの総合的なプロセスにより更新を正確に記録
  • 代理人との連携管理が一元化されることで、法制に基づいた一貫した更新が可能
Title Updates Services

校正と補正証明書

アナクアの米国特許校正サービス(プルーフリーディング・サービス)は、中間処理中案件の補正や更新を含め、情報が中間処理ライフサイクルを反映し正確に公開されることの確認サポートを提供します。細部にまで行き届いたレビューにより、資産が安全に保護され、特許ポートフォリオの権利実行や収益化をより確実なものにします。

  • よりスピーディに包袋情報へのアクセスが可能
  • 自動的化された作業と人的なプロセスを組み合わせた特許プルーフリーディングによりポートフォリオの品質向上へ
  • IPMS(特許管理システム)で成果や結果の総合管理が可能
Proofreading and Certificate of Corrections

インテリジェント・スキャニング

インテリジェント・スキャニングは、IPMS(特許管理システム)への紙文書および電子文書の自動化されたインポートを行います。 各文書を分析し、文書がどの特許・商標などに適用されるかを判断し、その文書に対して該当するタグ付けを行います。その後文書は自動的にアップロードされ、テキスト検索可能な文書として各案件内に保存されます。一般的なスキャニングとは異なりスキャンされた文書はIPMSに直接インポートされます。

  • 米国や欧州の幅広いPTO形式に対応
  • PTOや他の知財関連文書の初期データ移行とスキャニングに対応
Intelligent Scanning Services

IDS作成

世界中の特許庁に対してより効果的な特許出願を行うために、知財運営チーム、ポートフォリオマネージャー、知財弁護士へIDS作成サービスを提供しています。

  • ANAQUAシステムのプロセス自動化機能とCitation Matrix (引用マトリクス)を活用したIDSの作成
  • IPMS(特許管理システム)で成果物を総合管理
IDS Creation Services