Anaqua Japanese Team 2018

日本チームについて

Anaqua Inc.(米国)は、2004年にコカ・コーラ、フォード・モーター、ブリティッシュ・アメリカン・タバコの知財リーダーにより創設されました。先進的な手法を使用したビックデータ分析から得られる知見、知財管理や業務管理のベストプラクティスを採用したワークフローやサービスを、シンプルで使い勝手の良いソフトウエア・プラットフォームを通して提供しています。

株式会社アナクアは、2015年10月に日本で法人化されました。現在は伸び行く日本・アジア拠点のビジネスを現地からサポートするため、チームを拡大しながら日本のクライアントの皆様がイノベーションを促進するためのソリューションを提供しています。

APACジェネラルマネージャーからのメッセージ

Karen Taylor世界は知的財産などの無形資産により収益を増していくビジネスモデルに重きを置き始めています。
米国企業の無形資産が4.4兆ドルと10年前と比較して2倍以上に増えていることや様々な「モノ」やビジネスがデジタル化・インターネット化していることからも、無形の資産をどの様に効果的に活用していくかが成長の鍵を握ります。
日本の総資産に対する無形資産の割合は6.4%で、10年間で2.2倍に増えています。
2017年度にはROE (Return on Equity 自己資産利益率) が初めて10%を超えたことからも、日本での自己資本を有効に活用して利益を上げる企業が増えてきている事が推測されます。
*Source 2019.01.23 Nikkei Digital

アナクアは世界でも約50兆円にのぼる知財資産を持つ日本市場を重要と捉え、ローカルチームを拡大増強し、現地拠点から日本市場向けにグローバルソリューションを展開しています。
プロジェクトプロセスを現地からのフィードバックをもとにローカリゼーションするなど、日本市場を活性化する様々な試みを行っています。APACクライアント・コミティを通して日本企業クライアントの声を開発ロードマップへ反映させるなど、ソリューションに対する日本クライアントからの要望にも取り組んでいます

今後も、広い意味でのローカリゼーションを積極的に行い、それらを日本の皆様にご活用頂けることを楽しみにしています。

日本組織の紹介

セールス&マーケティング
ソリューション・
コンサルティング

お客様からの一般的なお問合わせや知財管理システムに関するご相談等に幅広く対応しています。
実際のシステムを利用した製品デモや、お客様の多様なご要望やご予算に応じて、コンサルティングを行いながら、ベストな機能別モジュールの構成や仕様のご提案を行っております。

プロフェッショナル・
サービス

各業務フローの設定やデータ移行、トレーニングまで、導入プロジェクト全般を担当します。
長年の実績により培われてきた独自の導入手法により、会社組織や各役割の担当者にとって最適な業務フローや導入計画をご提案させて頂き、実行します。

クライアント・
サポート

導入後の技術的なサポートを行っています。
システム導入後の技術的な問合せの窓口となり、お客様からのご質問等に対応しています。
また、1年間に数回提供させて頂く機能追加のアップグレードやアップデートがスムーズに行われるようにサポートします。

クライアント・サクセス
 

導入後のお客様からの多様なご相談に幅広く対応しています。
導入後、継続的に機能拡張やサービス追加のご相談やご助言を通して、ANAQUAシステムを最大限に活用して頂き、お客様の知財を活用したビジネスの成功を実現するサポートを行っています。

アナクア・サービス
 

グローバルに知財管理を行うお客様の特許年金管理・商標更新管理サービスを提供しています。
ANAQUAシステムでは知財管理機能と特許年金・商標更新管理機能が統合されており、包括的な費用分析や知財状況の正確な把握が行えるようサポートをしています。

クライアント・コミッティ
ワーキング・グループ

アナクアはの成功は、お客様のビジネスの成功を意味します。
お客様がグローバルまたは地域ごとに集い意見交換をする場を定期的に設け、必要な機能や業界の傾向についてご意見を伺います。
システムの将来計画にはお客様のフィードバックが反映され、お客様や業界のニーズに対応した製品計画が行われています。